オリジナルTシャツでイベントを盛り上げる方法

プリント技術の向上により、最近は誰でも簡単にハイクオリティなTシャツを作れるようになりました。オーダーメイドは大変、時間が掛かる、高価などのイメージはすべて過去のものです。イベント会場でイベント名や団体名が入ったTシャツを着用したスタッフを見掛けることも珍しくありません。仲間たちと作るオリジナルTシャツは一体感を生じさせ、士気を向上させてくれます。イベントの実行委員などの場合は、身に纏うことで責任感を意識することにも繋がるでしょう。それだけではありません。オリジナルTシャツはイベントを成功に導くキーアイテムにも成り得るのです。これを利用しない手はありません。オリジナルTシャツがイベント行事においてどんな効果をもたらすのか、そしてそんなオリジナルTシャツ作成にはどうしたらよいのかを解説します。

オリジナルTシャツがイベント行事にもたらす効果

オリジナルTシャツは着用する側だけでなく、それを目にする人にも影響をもたらします。例えばイベントに参加している一般客やスポンサーなどです。色々なチームが集まる大会のようなイベントでは一目で見分けが付くようになり、さらに名前を売るチャンスにも繋がります。チーム名やロゴなどを派手にプリントしておけば、アイキャッチ効果も抜群です。イベントスタッフのユニフォームとしてオリジナルTシャツを利用する場合も、スタッフの見分けが付きやすいというのは参加者にとって大きなメリットの一つです。このような小さな心配りも円滑にイベントを運営することに繋がります。また、オリジナルTシャツは言わば限定衣装ですので、イベントならではのお祭り感、特別感の演出にも一役買ってくれます。オリジナルTシャツで会場内を歩き回るだけでいつもとは違う非日常感が生まれるでしょう。

イベント用オリジナルTシャツの作成方法

オリジナルTシャツを作成する方法にも色々ありますが、イベントで枚数が必要になる場合におすすめしたいのは業者への依頼です。近年はプリント料金もかなりリーズナブルになり、気軽に注文できるようになりました。注文の仕方も多岐に亘っており、文字や数字だけを指定するものから、デザインを持ち込むものまでさまざまです。業者によっては専属のデザイナーがデザインの作成を手伝ってくれたり、用意されたデザインテンプレートの中から気に入ったものを選べるようになっていたりすることもあります。プリント方法はシルクスクリーンが一般的ですが、これは枚数が多くなるほど価格が安くなる方法であるため、少ロットの注文であれば転写やインクジェットなどの方法を選ぶとよいでしょう。それぞれの方法に特色があり、発色の具合や洗濯への耐性が異なりますので用途に合わせて選択することが重要です。