オリジナルTシャツを作成するメリットの紹介

オリジナルTシャツの使用用途は、体育祭・運動会・文化祭、ノベルティグッズ、スタッフユニホームまで多岐にわたります。Tシャツを作成したいとき、近年ではネットでの注文が可能です。注文の流れは商品を選び、デザイン原稿を送ります。原稿については、手書きの原稿やPCで作成した原稿にも対応してくれる会社が多く、FAXやメール、注文する会社のフォームで添付することで、デザインを送ることができます。そのデータをもとに、Tシャツのプリント用デザインに仕上げてもらえます。デザインの校正が終わると、そこから見積もりを出してもらい、枚数やサイズを注文し、納品という流れになっています。オリジナルTシャツは作成者や着用者に特別感を与えてくれる、世界に一つしかないTシャツです。その時の特別感だけではなく、思い出にも欠かせない存在になります。

オリジナルTシャツのユニフォーム

突然ですがユニフォームの語源をご存知でしょうか。ユニフォーム(uniform)とは、uni(ひとつの)+form(形)が語源となっています。つまり、「チームがひとつになる」という意味にも繋がります。お揃いのオリジナルTシャツは、チームの一体感を演出し、それによって団結力や連帯感を生みだすことができます。また、目的が定まりやすくなります。学生の文化祭では売り上げや集客、スポーツでは優勝や勝利など、様々な目標に向かうためのモチベーションアップにもなります。さらにスポーツでは、応援の際にもオリジナルTシャツが活躍します。同じチームを応援する仲間を見つけられ、一緒に応援することでチームだけではなく応援側にも連帯感が生まれます。さらに、手元に残る思い出を作ることができます。写真や動画の記録だけではなく、目にするたびに思い出がよみがえってくる素敵な思い出の品になります。

学生だけじゃない、オリジナルTシャツの使用用途

オリジナルTシャツというと、学生が体育祭や文化祭で着用しているイメージがあるかと思います。しかし、オリジナルTシャツは幅広い年齢層が着用可能なTシャツです。職場でのスタッフTシャツやスポーツのチームTシャツ、ノベルティグッズでもオリジナルTシャツは活躍しています。スタッフTシャツでは、仕事への意識が高まり、作業効率も上がることが期待できます。接客業では、作業効率が上がれば顧客満足度の向上も伴い、さらに士気が高まるかもしれません。スポーツでは先ほど述べたように、チームの団結力や連帯感が生まれ、勝利へと進むことができます。また、家族でお揃いのTシャツを作ってみてもいいかもしれません。お揃いのオリジナルTシャツを借用して写真を撮ると、一生の記念にもなって思い出話にも繋がります。