防音対策はアパート経営を成功させるには

   

最近はアパート経営など不動産投資で利益を得ている人が増えています。とはいえ、誰もが順調に利益を上げているというわけではなく、中にはせっかくアパートを用意したので入居者が少ない、安定した収入を得られていないという人もあります。そんな場合は物件選びで失敗している可能性がありますので、対策を考えていきましょう。
特にアパートでは音の問題でトラブルが起こりやすくなっています。安い物件を選んでしまうと壁や床が薄く、近隣の声や足音、テレビの音などが聞こえやすくなり、それがストレスに感じるという人もあれば、時にはご近所トラブルに発展してしまうこともあります。そうなると短期間で退去してしまう人も増え安定した家賃収入を得るのは難しくなってしまいます。それゆえ、アパート経営を成功させるためには音への対策はしっかりと行っておきましょう。

リフォームで対策を行いましょう

すでに物件を購入した場合は、すぐに買い替えるのも難しいものがあります。まずは今持っている物件の防音対策を考えていきましょう。まず、対策としては窓、床、壁のリフォームがあげられます。窓はペアガラスや二重サッシを使うことで遮音性が高まりますし、壁には遮音パネルや吸音ウールを採用することで対策することができます。
それから床は遮音フローリングに張り替える、防音カーペットを導入するなどでかなり音の漏れを抑えられるようになります。そして、ドアの開け閉めの音が気になるという意見も多いので、ドアも静音タイプに換えるなどの対策も考えていきたいところです。部屋一戸あたりのリフォーム費用は比較的安く抑えることができますが、建物全体になるとそれなりの出費となりますので、総額も良く確かめておきましょう。

住民にマナーを守ってもらうことも大事です

リフォームを行うことで、かなり騒音の問題は解消できますが、それでも完全に音を消すのは難しいものがあります。ある程度の生活音は仕方がないと言えますが、住民にも近隣に迷惑をかけないという意識はしっかりと持ってほしいところです。防音対策をきちんとと行っていても入居者が常識のない行動をしてしまうとやはり音の問題は発生します。
まず、夜中にも大音量でテレビを見る、楽器の練習をする、音楽を聴くなどはトラブルの元ですし、深夜に騒ぐ、隠れてペットを飼うなど常識のない行動をされてしまうとせっかくの対策の意味がなくなってしまいます。それゆえ、音の問題を解消して、安定した収入を得るためには入居者にマナーを守ってもらうということも大事です。そして音の問題はクレームとなることも多いので、入居者からクレームがあった場合は放置せずにできるだけ早く対策を行うことも大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

アパート経営の家賃保証を契約する時に確認する事

アパート経営を行う時には管理業務を管理会社に委託する事もできます。管理業務を代わりに行ってもらって手数料を支払う一般管理の他に管理会社に借り上げてもらう形のサブリース契約と呼ばれる契約形態もあります。...

防音対策はアパート経営を成功させるには

最近はアパート経営など不動産投資で利益を得ている人が増えています。とはいえ、誰もが順調に利益を上げているというわけではなく、中にはせっかくアパートを用意したので入居者が少ない、安定した収入を得られてい...

アパート経営を長く続けるための耐震性の強化ポイント

アパート経営はマンション経営よりもリーズナブルに始められる不動産投資です。アパートは木造建築なので耐震性の強さが建物の寿命に大きく影響しますから、新築する場合は地盤の強度を調査したうえで設計に配慮しま...