アパート経営を長く続けるための耐震性の強化ポイント

   

アパート経営はマンション経営よりもリーズナブルに始められる不動産投資です。アパートは木造建築なので耐震性の強さが建物の寿命に大きく影響しますから、新築する場合は地盤の強度を調査したうえで設計に配慮します。木造建築の建物の耐久性は30年と言われていますが、耐震性を備えて運用すれば50年を超えても活用できる可能性が高くなります。アパート経営を長く続けるためにも、費用対効果を考えて耐震の要素を選択するのがポイントです。建物の耐久性を重視する場合の他にも、地震の揺れを軽減させる効果の得られる免震もあるからです。地震に対して耐久性を発揮できれば、入居者からの信頼にもつながりますので、契約更新による入居率の向上も期待できるので収益性も高まるのもポイントです。

アパート経営のポイントは丈夫で長持ちする木造建築の施工

木造建築の建物は設計と施工のスタイルによって実質的な耐久性が変化します。少しでも長持ちさせられるように設計と施工を工夫しておくと、それだけ長く家賃収入が得られることになりますので不動産投資では見逃せないポイントです。木造軸組み工法は日本では伝統的な木造建築の技術として知られており、地震の発生する頻度の高い地域で培われた技術は木造建築の建物を長持ちさせるのに心強いスタイルです。建築実例を参考にするときは、リフォーム回数を確認しましょう。定期メンテナンスと必要最小限のリフォームだけで長持ちしているアパートは、きわめて耐久性が高いことが分かるからです。雨漏りが発生すると木材の腐敗の原因になりますから、地震の揺れで屋根や外壁に亀裂が発生しにくいように施工しておくのも効果的です。

地震に対する強さは耐久性の他にも制震と免震も可能

同じ設計の木造建築でも、地震の発生時の揺れが大きく異なる場合があります。地震の揺れを、そのまま受けている状態なのか、あるいは地震の揺れを制御しているのかで、建物の揺れ方が変わるからです。同じ震度のエネルギーを受けても、揺れ方が異なりますので、建物や屋内でのダメージに差が生まれます。免震性能に施工しておくと、建物の揺れが少なく済みますのでダメージは大幅に軽減されます。耐久度の高さだけでなく、どれだけ地震のエネルギーを軽減できるのか把握しながらアパートを新築しておくと、長期的に不動産投資の費用対効果が大きくなる可能性が高いだけでなく、リフォーム予算の軽減にも効果が得られます。地震によるダメージが少なければ、修理や修繕のコストを低く抑えられるからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

アパート経営の家賃保証を契約する時に確認する事

アパート経営を行う時には管理業務を管理会社に委託する事もできます。管理業務を代わりに行ってもらって手数料を支払う一般管理の他に管理会社に借り上げてもらう形のサブリース契約と呼ばれる契約形態もあります。...

防音対策はアパート経営を成功させるには

最近はアパート経営など不動産投資で利益を得ている人が増えています。とはいえ、誰もが順調に利益を上げているというわけではなく、中にはせっかくアパートを用意したので入居者が少ない、安定した収入を得られてい...

アパート経営を長く続けるための耐震性の強化ポイント

アパート経営はマンション経営よりもリーズナブルに始められる不動産投資です。アパートは木造建築なので耐震性の強さが建物の寿命に大きく影響しますから、新築する場合は地盤の強度を調査したうえで設計に配慮しま...