アパート経営における収益稼働率とそれを高めるための方法

   

アパート経営は、利用者が集まりさえすれば安定的に定期収入が入ってきます。もちろん、そう簡単なものではなく、立地や宣伝などを工夫しないと借り手があらわれず、マイナスになってしまうこともあります。そうならないためには、立地を分析して、その地域のニーズに合ったアパートを用意するなどの対策が必要です。また、定期的なメンテナンスも欠かせません。建物は劣化しますが、それを放置しているとみすぼらしくなります。利用者の中には、外観や設備に力を入れているかどうかを判断のポイントとしている人も多いです。そういった人に対して、汚いアパートは候補に入らないので、収益稼働率を落としてしまうことがあります。そうならないためには管理を専門の業者に任せて、常に良い状態に保つ必要があります。

収益稼働率は入居率とは異なる概念

アパート経営では、収益稼働率という言葉が用いられることがあります。また、別に入居率という言葉が使われることもあります。これらはいずれも別の概念です。前者は、県築年数の経過によって新築時の時からどの程度家賃が下がっているのかを表す指標です。この数字が高いと、そのアパートは高い収益を期待できることになります。入居率は、全室の内どの程度が借りられているかを表します。この数字が高いと利用者が多いことを意味しますが、必ずしもそれが利益につながるとは限りません。例えば、利用者がいなかったために家賃を低くして入居者を集めたケースでは、入居率が高くても十分な収益にならないといったことがあります。バランスを考えて設定を考えるなどの対策が必要となるでしょう。

管理会社に任せた方が対応がスムーズで入居者の満足度が高まる

アパート経営では、管理会社に管理を任せるのが一般的です。そもそも、本業がある人であればアパートの管理を自分でやる時間はないでしょう。その点、管理会社に頼めば、入居者との対応や契約などすべてを任せることができますし、家賃の徴収も自分でやる必要がありません。また、管理会社はその時々に応じた適切なメンテナンスの提案をしてくれます。知識がなければ改善すべきポイントを知ることができませんが、管理会社は専門知識が豊富で、利用者を集めるために現状何をすればよいのかをアドバイスしてくれます。そのため、任せて安心という訳です。もちろん管理会社がすべて優れているわけではありませんので、実績のあるところを選んでおきたいところです。実績があれば、多くに利用されているので信頼できるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

アパート経営の家賃保証を契約する時に確認する事

アパート経営を行う時には管理業務を管理会社に委託する事もできます。管理業務を代わりに行ってもらって手数料を支払う一般管理の他に管理会社に借り上げてもらう形のサブリース契約と呼ばれる契約形態もあります。...

防音対策はアパート経営を成功させるには

最近はアパート経営など不動産投資で利益を得ている人が増えています。とはいえ、誰もが順調に利益を上げているというわけではなく、中にはせっかくアパートを用意したので入居者が少ない、安定した収入を得られてい...

アパート経営を長く続けるための耐震性の強化ポイント

アパート経営はマンション経営よりもリーズナブルに始められる不動産投資です。アパートは木造建築なので耐震性の強さが建物の寿命に大きく影響しますから、新築する場合は地盤の強度を調査したうえで設計に配慮しま...