アパート経営の家賃保証を契約する時に確認する事

   

アパート経営を行う時には管理業務を管理会社に委託する事もできます。管理業務を代わりに行ってもらって手数料を支払う一般管理の他に管理会社に借り上げてもらう形のサブリース契約と呼ばれる契約形態もあります。サブリース契約では空室率に関わらず一定の賃料が管理会社からオーナーに支払われるので、家賃保証がされる契約でもあります。家賃保証がされるという事は実際に入居率は関係なく、常に一定の収入を得る事ができますが様々な取り決めがあるので事前に確認しておかないといけません。
特に賃料の見直しに関する取り決めや設定された賃料が適正な額であるかという事は良く確認してから契約を行うべきです。書面を確認した際に不明な点があれば分らないままにせずに確認するべきです。

適正な価格なのかを事前に調べておく

サブリース契約の賃料は一般管理業務で満室の状態を保った時にオーナーに入る利益より少なくなる傾向があります。その理由はサブリース契約では空室が発生した時のリスクを管理会社側が負うからです。家賃保証がされる分だけ賃料が下がるのは致し方ないとしても、適切とは言えないほどの低い賃料で契約してしまわないように注意するべきです。
素人が不動産価値を正しく判断してサブリース契約を行う時の賃料の相場を把握するのは難しい事です。相場を知って適正な賃料で契約する為には複数の業者を利用して見積もりを出しもらうのが良いです。多くの業者に相談する事で、金額の相場が分ってきます。また複数の担当者から話を聞く事で運用する不動産尾価値がどのような経緯で評価されているか知る事ができます。

賃料の見直し期間を確認しておく

サブリース契約の賃料は一生同じ金額が約束されるわけではなく、契約後に見直しが行われます。賃料の見直しが検討されるまでの期間は契約する時に決められるので、その期間を経過すれば場合によっては賃料が下がる事があります。契約した時の金額が一生続くと考えてローンを組んでアパート経営を始めると、後で収入が減少して返済が難しくなるといった事態に陥らない為にも、賃料の見直し期間に関しては書面でしっかり確認するべきです。
見直しの期間だけでなく、どのような基準で賃料が変更されるのかという条件も良く確認しておく必要があります。契約前の段階で不明な点があれば必ず業者側に説明を求めるべきです。それでも不明な点がはっきりしない時は専門家に相談して管理を委託するか検討すると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

アパート経営の家賃保証を契約する時に確認する事

アパート経営を行う時には管理業務を管理会社に委託する事もできます。管理業務を代わりに行ってもらって手数料を支払う一般管理の他に管理会社に借り上げてもらう形のサブリース契約と呼ばれる契約形態もあります。...

防音対策はアパート経営を成功させるには

最近はアパート経営など不動産投資で利益を得ている人が増えています。とはいえ、誰もが順調に利益を上げているというわけではなく、中にはせっかくアパートを用意したので入居者が少ない、安定した収入を得られてい...

アパート経営を長く続けるための耐震性の強化ポイント

アパート経営はマンション経営よりもリーズナブルに始められる不動産投資です。アパートは木造建築なので耐震性の強さが建物の寿命に大きく影響しますから、新築する場合は地盤の強度を調査したうえで設計に配慮しま...